在宅での就労移行支援

現在、様々な企業で『テレワーク』『リモートワーク』『サテライトオフィス』など出社せずに働く、『在宅ワーク』という新しい働き方が普及してきています。

『在宅ワーク』は出社することが困難な障害をお持ちの方でも働くことのできる、とても有用性のある働き方です。
しかしそれには『在宅ワーク』特有の自己管理や、文書や電話・ビデオチャット等での円滑なコミュニケーション、ある程度自分自身で仕事をこなせるスキルが必要です。

ノアではそういった『在宅ワーク』特有のスキルの訓練や、未来的に通勤を考えている方でも在宅で訓練を行うことができるようにプログラムの整備を行いました。

 

 

在宅型就労支援の流れ

在宅型の訓練はご自宅のパソコン(レンタルもさせていただいております)上で行います。
ビデオチャットで支援員とやり取りを行い、リクルートのイーランニングシステム(ノウビー)を用いて就労に必要な知識を学びます。

また、
・週に一度の支援員(専門スタッフ)の訪問サポート
・月に一度の施設への通所
により対面でしかできない訓練、相談を行うことによって在宅型での訓練の弱みをなくしていきます。